チーム紹介

Team Kanau (協)

Mars Society (火星協会)が主催するInspiration Mars有人火星フライバイミッションをデザインするという国際学生コンテストに参加した日米合同チームです。

日本から唯一の参加チームで、ファイナリストの中では複数国の大学のメンバーで構成される唯一のチームでした。


国際コンペの概要

学生主体のチームであることが求められていますが、教授や卒業生も参加することができます。2018年に打上げをして、なるべく安くシンプルに男性1人、女性1人を安全に帰還させるミッションをデザインすることが求められています。

50ページ以内のレポートを提出した上で選ばれたファイナリスト10チームが最終プレゼンテーションを実施します。1位には、1万ドルの賞金、更にDennis Titoさんからトロフィーが授与されます。2位から5位までは、5,000ドル、3,000ドル、2,000ドル、1,000ドルが授与されます。

 

[ルール]

 

[コンペに参加時のチームメンバ−]

  • 宮嶋 宏行 教授(東京女学館国際教養学部/コロラド大学ボルダー校客員教授(〜2013年12月), Mission Design / ECLSS)
  • 飯野 翔太(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科, Lead / Mission Design / Sub-system designs)
  • 小野 綾子(東北大学 医学系研究科博士課程卒業, Radiation / Interior Design)
  • 森山 枝里子(アリゾナ大学理学部 / 国際宇宙大学卒業, ECLSS)
  • 田中 鴻輝(慶應義塾大学理工学部, Interior Design)
  • 會田 有璃 (慶應義塾大学薬学部, Radiation / Physical)
  • 中嶋 大智(東京農工大学工学部, Launch vehicles)
  • 扇 拓矢(名古屋大学理学部卒業, ECLSS)
  • 大島 佳世子 ((株)ジャンプ トゥ スペース, Advertising advisor)
  • Assistant Professor Michael Grant (Purdue University, School of Aeronautics of Aeronautics and Astronautics, Mission Design / Aerocapture)
  • Kshitij Mall (Purdue University, School of Aeronautics of Aeronautics and Astronautics, Sub lead / Mission Design / Aerocapture / Sub-system Designs)
  • Jeff Stuart (同上, Trajectory Design)
  • Ashwati Das (同上, Trajectory Design / Safety Analysis)
  • Max Fagin (同上, Radiation / Sub-system Designs)
  • Nick Gillin (Art Center College of Design, Animation)

チームメンバーのProfile 

 

その他、多数の大学の教授/研究者の方々にご支援をしていただきました。